Qセルズ、欧州最大の研究機関が同社モジュールの耐PID性能を保証

  • 印刷
  • 共有

ドイツの太陽光メーカーQセルズは、同社グループの全製品に採用されている「耐PIDテクノロジー」が、PID現象発生のリスクを抑え、最大出力を保証することが欧州最大の研究機関として知られるフラウンホーファー研究機構のシリコン・光起電力センター(フラウンホーファー研究機構CSP)で認定されたことを発表した。

フラウンホーファー研究機構CSPが、同社のモジュールを含む13種類のモジュールを対象に耐PIDテストを行ったところ、13種類の内9種類に出力低下が確認された。9種類の出力は、平均して56%の出力低下を記録、最大で90%もの出力低下だった。今回テスト対象となったモジュールのうち、出力低下が確認されなかったモジュールは同社の多結晶モジュール「Q.PRO」を含む4種類のみだった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事