> > 福島県、太陽光の屋根貸しなど新たなビジネスモデル事業に10億円

福島県、太陽光の屋根貸しなど新たなビジネスモデル事業に10億円

 印刷 記事を保存

福島県は、屋根貸しモデルなど、太陽光発電の先進的な事業に対して助成を行う「福島実証モデル事業」について、事業の公募を開始する。公募期間は7月2日から7月27日まで。公募事業に係る予算額は約10億円。

本事業は、経済産業省及び太陽光発電協会と共同で「平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」として行うもの。太陽光発電の新たな普及モデルとなり得る先進的な事業を実施し、その有効性を検証することで、太陽光発電の普及が促される仕組みづくりを進めていくことを目的としている。本事業のうち、実証にかかる部分については委託事業として、実証に付随する太陽光発電の設置については、補助事業(補助率1/3以内、補助上限なし)として実施する。公募は福島県が実施し、委託事業の締結先は太陽光発電協会となる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.