> > セブンイレブンの宅配サービス、トヨタの超小型EV「コムス」を採用

セブンイレブンの宅配サービス、トヨタの超小型EV「コムス」を採用

 印刷 記事を保存

セブン-イレブン・ジャパンは、トヨタグループのトヨタ車体から発売される超小型電気自動車の新型「コムス」を活用し、セブン-イレブン店内のほぼ全ての食品や日用品等を顧客宅や事業所等へ届ける「セブンらくらくお届け便」の運用を8月上旬より順次開始する。

流通業界、コンビニエンスストア業界で、店舗からの宅配サービスに超小型電気自動車を採用するのは初めて。また、セブン-イレブン・ジャパンとしてトヨタグループと本格的な連携を図るのも初めてとなる。

高齢化や人口減少などを背景に、日常の買物に不便を感じる人が増加するなか、セブン-イレブンでは、これまで所謂「御用聞き」や「移動販売」、注文500円以上から無料で食事や食材を届けるサービス「セブンミール」などを順次拡充してきた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.