> > 神戸市、官民連携で3000世帯分のエネルギーを賄うバイオマス活用プロジェクトを始動

神戸市、官民連携で3000世帯分のエネルギーを賄うバイオマス活用プロジェクトを始動

記事を保存
神戸市、官民連携で3000世帯分のエネルギーを賄うバイオマス活用プロジェクトを始動

神戸市は、神鋼環境ソリューションとともに、東灘処理場において、未利用の地域バイオマスを活用し、再生可能エネルギー生産をめざす官民連携の「KOBE グリーン・スイーツプロジェクト」を7月から開始すると発表した。本プロジェクトは、木質系・食品製造系バイオマスと下水汚泥の相乗効果を活用した再生可能エネルギー生産を行う実証事業として実施するもので、日本で初の試みとなる。

本実証事業は、木質系(グリーン)と食品製造系(スイーツ)バイオマスのうち下水道に好適なバイオマスを下水汚泥と混合処理し、バイオガス増量や汚泥処理の効率化、温室効果ガスの削減をはかることを目的としている。食品製造系バイオマスは、地元食品製造企業のトーラク、白鶴酒造、ロック・フィールドと連携し、有機物を多く含む地元バイオマスを活用する。木質系バイオマスは、六甲山の森林保全の過程で発生する間伐材や、市内の公園・街路樹からの剪定枝を活用する。木質系バイオマスの分解を促進し、下水汚泥と混合することによるバイオガスの生産も日本で初の試み。

本実証事業では、地域バイオマス活用のための官民連携ネットワークの拡大をすすめ、グリーン一日4t、スイーツ一日11tを受入れ、グリーン・スイーツの効果で3,000世帯相当のガス増量をめざす計画だ。さらに、実証運転を通じて得た知見をもとに、地域バイオマス活用のガイドライン策定に取り組み、神戸発の再生可能エネルギー生産の新たな方法を国内外に提案していく予定。

なお、本実証事業は、国土交通省の「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に神戸市、神鋼環境ソリューションの共同研究体で提案し採択され、国土交通省国土技術政策総合研究所の委託研究として実施している。委託額は9億円。神戸市は処理施設の運営調整、地域バイオマスの確保・受入調整等を、神鋼環境ソリューションは革新的技術実証設備の建設・運転・データ分析・解析等を担当する。また、バイオガスの受入、バイオガス有効利用標準規格化等は大阪ガスの協力を得る。

東灘処理場では、平成16年度に神鋼環境ソリューションと大阪ガスの協力で共同研究を行い、天然ガスと同等の品質の「こうべバイオガス」の精製に成功。「こうべバイオガス」は、平成20年度から市バスなどに本格的に供給を開始している。また、平成22年10月から、経済産業省の実証試験費補助金を活用した「バイオガス都市ガス導管注入実証事業」として「こうべバイオガス」を「都市ガス」として注入する事業を実施し、平成23年度は約800万m3(約2,000世帯相当)を都市ガス導管へ注入している。これらの取り組みにより、東灘処理場は国内外から多くの見学者が訪れ、平成24年には「水・環境ソリューションハブ」に認定されており、地産地消の再生可能エネルギー生産のショーケースとして、神戸の取り組みを国内外に発信するための情報発信拠点となっている。

参考:神戸市 - 官民連携「KOBEグリーン・スイーツプロジェクト」ついに始動

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.