> > 京都市、下水処理施設内にメガソーラーを設置

京都市、下水処理施設内にメガソーラーを設置

 印刷 記事を保存

京都市は、再生可能エネルギーの利用拡大を図るため、下水道処理場「鳥羽水環境保全センター」に、メガソーラー(大規模太陽光発電設備)を設置すると発表した。上下水道局が事業主体となって設置し、固定買取り制度を活用した全量売電を行う。地方自治体が事業主体となり、下水道施設内にメガソーラーを設置するのは、全国で初めて。

メガソーラーの設備容量は約1MWで、年間発電量は一般家庭約200世帯分の年間電力消費量に相当する約90万kWhを見込む。設置場所は鳥羽水環境保全センターA系列水処理施設建屋の上部。設置面積は1万7,000m2。平成24年度に工事着手し、平成25年度に発電を開始する予定。

本事業は、平成23年度から10年間の都市政策をまとめた京都市基本計画「はばたけ未来へ!京プラン」の「低炭素・循環型まちづくり戦略」に基づき、実施するもの。同戦略では、「太陽エネルギー利用の拡大と小水力発電設備の設置等再生可能エネルギー普及の取組の推進」を掲げている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.