> > 関西電力、大飯原発3号機再稼動に伴い節電目標を「10%以上」に変更

関西電力、大飯原発3号機再稼動に伴い節電目標を「10%以上」に変更

記事を保存
関西電力、大飯原発3号機再稼動に伴い節電目標を「10%以上」に変更

関西電力は、7月9日、大飯発電所3号機が定格熱出力一定運転に達し、再稼動が確実となったため、7月10日から、管内の節電目標の数値を、一昨年の夏と比較して15%以上の節電から10%以上の節電に見直すと発表した。今後、大飯発電所4号機の再稼動後の節電内容については、国や自治体と相談し決定次第通知する。

また、同日、藤村官房長官は総理官邸で記者会見を開き、大飯原発3号機が安定的に稼働したことにより、中・西日本(中部、関西、北陸、中国、四国、九州電力)において、供給力が約170kW増加したことを受け、今夏の節電目標を7月10日から改定することを発表した。各エリアの節電目標は下記の通り改定する。

原発再稼働による、各電力会社の2012年夏の節電目標

中部、北陸、中国電力管内では、広域レベルでの節電目標の共有を一部継続しつつ、定着した節電分相当を数値目標として設定する。定着節電分とは、昨夏実施された節電のうち、輪番休業や生産シフトといった「無理のある節電」でなく、照明の交換やエアコンの温度調整など企業や家庭で定着していると考えられる「無理のない節電」を指す。

四国、九州電力管内では、現在の節電目標を維持する。大飯原発の再稼働は、基本的に中・西日本地域の供給増をもたらすものであるため、東日本地域の節電目標等は変更しない。なお、各エリアにおける、「数値目標を伴う節電要請期間及び時間」は変更しない。

参考1:関西電力 - 大飯発電所3号機の再稼動に伴う明日からの節電内容の見直しについて

参考2:首相官邸 - 今夏の電力需給対策について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.