> > 関西電力、大飯原発3号機再稼動に伴い節電目標を「10%以上」に変更

関西電力、大飯原発3号機再稼動に伴い節電目標を「10%以上」に変更

 印刷 記事を保存

関西電力は、7月9日、大飯発電所3号機が定格熱出力一定運転に達し、再稼動が確実となったため、7月10日から、管内の節電目標の数値を、一昨年の夏と比較して15%以上の節電から10%以上の節電に見直すと発表した。今後、大飯発電所4号機の再稼動後の節電内容については、国や自治体と相談し決定次第通知する。

また、同日、藤村官房長官は総理官邸で記者会見を開き、大飯原発3号機が安定的に稼働したことにより、中・西日本(中部、関西、北陸、中国、四国、九州電力)において、供給力が約170kW増加したことを受け、今夏の節電目標を7月10日から改定することを発表した。各エリアの節電目標は下記の通り改定する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.