> > 千代田化工建設、西部ガスグループと提携、九州3地点で太陽光発電事業

千代田化工建設、西部ガスグループと提携、九州3地点で太陽光発電事業

記事を保存

千代田化工建設は、西部ガスグループと連携し、同グループの用地3地点(長崎、大牟田、北九州)において、太陽光発電事業を行うと発表した。同グループのエネ・シードと、本事業の運営を共同で行うことに合意し、7月10日、共同事業会社「エネ・シードNOK」(本社:福岡市博多区)を設立した。

新会社「エネ・シードNOK」の資本金は4,000万円。出資比率はエネ・シードが51%、千代田化工建設が49%。新会社は西部ガスの長崎工場(長崎県長崎市)、北九州工場(北九州市区)、および九州ガス圧送の大牟田工場(福岡県大牟田市)の3工場における未利用地で太陽光発電事業(合計約3.7MW)を行う。出力規模(運転開始予定)は、長崎工場が約0.6MW(平成24年10月中旬)、北九州工場が約1.8MW(平成24年12月中旬)、大牟田工場が約1.3MW(平成24年10月中旬)。投資額は約10億円。

エネ・シードは、西部ガス100%出資の子会社で、本年4月2日、エネルギーセキュリティ向上(分散化・多様化)と環境負荷低減へ貢献するために再生可能エネルギー事業を行う会社として新たに設立された。千代田加工建設は、宮崎県での太陽光発電所(2MW)の施工実績に加え、本事業への参画により運転、運用を通じて、事業に関するノウハウを蓄積。再生可能エネルギー分野への業域拡大と新規技術の事業展開の強化につなげていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.