> > 大和ハウス、岡山新工場で太陽光発電事業、自治体などへの事業提案も

大和ハウス、岡山新工場で太陽光発電事業、自治体などへの事業提案も

記事を保存

大和ハウス岡山第二工場 太陽光発電システム導入イメージ 大和ハウス工業は、新設した岡山第二工場(岡山県赤磐市)に、太陽光発電システム816kWを設置し、全量売電事業を開始すると発表した。本事業でのノウハウを活かし、自治体や各企業へ、現場調査から機器選定まで一貫管理体制によるメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業の提案を行っていく計画だ。

岡山第二工場は、7月11日より岡山工場内において稼動開始した。この新工場は、香川県三豊市の四国配送センターの機能を移管し、経営の効率化を図るとともに、「マザー工場」としての機能強化も図った。また、大和ハウスグループの大和物流の配送センターとしても利用する。

今後、本工場内に「岡山工場太陽光発電所(仮称)」として太陽光発電システムを設置する。2012年7月より着工、9月末に竣工、10月より中国電力への売電を開始する予定。太陽光発電所の運営・管理は、グループ会社の大和エネルギーが行う予定。発電事業期間は、国による電力固定買い取り期間の20年を予定している。

今回、同発電所では国内外の太陽光発電パネルメーカー4社の最新パネルを導入し、発電効率やメンテナンス体制、経年劣化等の評価・検証もあわせて行う。単結晶型のパネルとしてLGエレクトロニクス製(約207 kW:812枚)を、多結晶型のパネルとしてシャープ製(約202 kW:840枚)、サンテックパワー製(約205 kW:840枚)を、薄膜型のパネルとしてソーラーフロンティア製(約202 kW:1,344枚)を導入し、各メーカーの発電効率や発電量を計測する。また、架台の施工金具については、3種類の材質(溶融亜鉛メッキ、高耐食溶融めっき鋼板ZAM、ステンレス)を採用し、それぞれの耐久性や長期安全性を検証する。さらに、太陽光発電パネルを設置することによる工場内の遮熱効果を検証するため、屋内外16ヵ所に温度計を設置し、屋根面と工場内の温度比較を実施する。

今後、同グループでは評価・検証から得られたデータをもとに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を検討している自治体や各企業に現場調査から機器選定まで、一貫管理体制による提案を行う。また、太陽光パネルを支える架台の生産を行うとともに、購買面では戸建住宅や賃貸住宅用の太陽光発電システムの集中購買によるスケールメリットを活かした調達を行っていく。

大和ハウスグループ全体では、2012年度には10MW、2014年度までに70MWの再生可能エネルギー発電事業を行っていく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.