> > 大和ハウスグループ、メガソーラー事業に参入、第一弾を九州で建設・運営

大和ハウスグループ、メガソーラー事業に参入、第一弾を九州で建設・運営

記事を保存
大和ハウスグループ、メガソーラー事業に参入、第一弾を九州で建設・運営

大和ハウスと大和エネルギーは、メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を開始する。その第一弾として、2012年7月、福岡県北九州市において、九州地方では最大規模の総出力2MWのメガソーラーを建設・運営すると発表した。

大和ハウスグループは、創業以来培ってきた建築技術を活かし、自治体や各企業が保有する未利用地などを活用したメガソーラーの計画について、企画から開発、工事、運営管理までワンストップのサービスを提案し、2012年度に10MW、2014年度までに太陽光発電と風力発電をあわせて計70MWの再生可能エネルギー発電事業に取り組む。さらに、小水力発電などの再生可能エネルギーの普及にも注力していく考えだ。

メガソーラー事業の第一弾は、2012年7月、大和ハウス工業が所有している「ひびき国際物流センター」(福岡県北九州市)の屋根面(23,200㎡)に、京セラ製多結晶シリコンセル(8,244枚)を2MW設置し、建設・運営・管理を行う。年間予想発電量は、約420世帯の年間消費電力量に相当する200万kWhを見込む。2012年10月より、発電した電力を九州電力へ売電する。

「ひびき国際物流センター」屋根貸し事業のスキーム図

大和エネルギーは、発電事業者として九州電力に売電するとともに、メガソーラーの運営・管理する。大和ハウス工業は、メガソーラーの建設工事を請け負うとともに、大和エネルギーに対して、施設の屋根を発電事業者に貸して賃料を得る「屋根貸し事業」を行う。大和エネルギーは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を受け、本発電所で発電する電力を九州電力に全量売電することで、年間約8,000万円の売電売上を見込む。事業期間が満了する2032年(2012年10月から20年間)までに約16億円の売電売上が得られると試算している。

同グループの一貫管理体制によるメガソーラー事業の提案では、大和ハウス工業の工場で太陽光パネルを支える架台の生産をはじめ、購買面では戸建住宅や賃貸住宅用、事業用施設用の太陽光発電システムの集中購買により、スケールメリットを活かした調達を行っていく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.