> > ソーラーフロンティア、狭い土地を活用できる非住宅向け太陽光発電パッケージ

ソーラーフロンティア、狭い土地を活用できる非住宅向け太陽光発電パッケージ

記事を保存
ソーラーフロンティア、狭い土地を活用できる非住宅向け太陽光発電パッケージ

ソーラーフロンティアは7月より、非住宅向けの太陽光発電パッケージ商品「小規模発電所パック」(低圧連系向け)の販売を開始した。本商品は10kW~50kWの太陽光発電システム一式をパッケージしたもので、企業や個人が所有する小規模の遊休地を利用して、短期間で太陽光発電所を設置することができる。

「小規模発電所パック」は、CIS薄膜太陽電池、パワーコンディショナ、架台、発電計測システムがセットになったパッケージ商品。設備容量を50kW以内に抑えることで低圧配電線への接続による発電事業を可能にし、また、パッケージ化によって、設計や積算の時間を短縮し、短期間で設置できるようにした。これにより、今年7月に導入された再生可能エネルギーの固定価格買取制度において42円/kW時(税込)の売電価格が適応される期間中に太陽光発電設備に関する準備を完了できるようにした。

50kWの設置の場合、約1,000平方m(約300坪)の土地があれば設置が可能で、設置作業は1カ月前後。また、本商品は、固定価格買取制度を適用した場合、およそ10年程度で初期投資が回収できる見込みで、設置条件によっては年間約15tのCO2の削減が見込まれている。

日本国内の太陽電池市場は、固定価格買取制度を背景に急速に成長しているが、大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、土地の選定や高圧配電線の有無を確認する必要があるため設計から施工完了まで時間を要するケースもある。本商品は、低圧連系向けのパッケージ商品とし、小規模な遊休地を持つ個人や企業をターゲットに拡販を図る。パネルの出力保証期間は20年で、日本全国で販売代理店を通じて発売する。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100%子会社で、独自で開発したCIS薄膜太陽電池を製造・販売している。同社製CIS薄膜太陽電池は、影や高温に強いという特徴を備えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.