> > 日産、新開発のハイブリッドシステムを8月発売のミニバン「セレナ」に搭載

日産、新開発のハイブリッドシステムを8月発売のミニバン「セレナ」に搭載

記事を保存
日産、新開発のハイブリッドシステムを8月発売のミニバン「セレナ」に搭載

日産自動車、新開発のハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」をミニバン「セレナ」に搭載し、8月に発売することを発表した。S-HYBRIDは、セレナに搭載したECOモーターのエネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化し、蓄電容量を高めるためのサブバッテリーをエンジンルームに追加することで実現したシンプルでコンパクトなシステム。全てのシステムをエンジンルームに収め、クラスNO.1の15.2km/Lの低燃費を実現。自動車取得税と重量税は免税で、全車エコカー補助金の対象となる。

S-HYBRID は、ECOモーターの発電能力を高め、サブバッテリーを追加することにより、減速時のエネルギー回生量を増やしてバッテリーへの充電量を増大。また、より多く蓄電された電力を使用することでアイドリングストップする頻度を高め、ストップしている時間を延長。さらに、加速中に、アイドリングストップ後に余った電力でECOモーターを駆動し、エンジンの補助駆動力として利用するなどの特長がある。

同社は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱とし、CO2排出量の削減に取り組んでいる。セレナもスマートシンプルハイブリッドやアイドリングストップシステムを搭載した「PURE DRIVE」の1つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.