> > 2011年の太陽光発電プロジェクトのM&Aは過去最高を記録

2011年の太陽光発電プロジェクトのM&Aは過去最高を記録

 印刷 記事を保存

2011年の投資家による太陽光発電プロジェクトの購入量は、過去最高の3.9GW(推定金額108億ドル)に上った。購入された設備容量の増加率は前年に比べて122%である。これはブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが公表した新しい調査結果に基づいている。

「The Solar Portfolio Hunters: Focus On The Acquisition And Valuation Of Solar Assets(太陽光ポートフォリオハンター:太陽光発電資産の購入と評価について)」と題されたこのリポートでは、2006年から2011年までの221件の取引を調査している。それによると、2011年に稼働中の資産の取引が最も盛んだったのはイタリアで、540MWが購入されている。一方で、個別取引のメガワット数上位5件はすべて米国が占め、稼働中でなく建設中の太陽光発電所が対象だった。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.