> > 宇部興産、宇部ケミカル工場の液化炭酸製造設備増強を開始 2013年夏完成

宇部興産、宇部ケミカル工場の液化炭酸製造設備増強を開始 2013年夏完成

記事を保存

宇部興産は、炭酸ガスの有効利用と排出削減及び液化炭酸の需要増に対応するため、山口県宇部市の宇部ケミカル工場で液化炭酸製造設備の増強に着手した。具体的には、グループ会社である宇部アンモニア工業のアンモニア製造工程で副生する炭酸ガスを原料として、液化炭酸製造設備の生産能力を3万t/年から8万t/年に増強する計画で、2013年夏に完工する予定。

今回の設備増強により、競争力に優れる液化炭酸を安定・長期的に供給することが可能となる。また、宇部興産は堺工場にも液化炭酸の製造設備(9.9万t/年)を有しており、これら国内2拠点を最大限に活用し、今後の需要増大に合わせて供給体制を整えていく方針だ。

液化炭酸は、溶接用のカバーガスや冷却用途に需要が安定的に拡大しており、今後、農業用途、各種産業用途などで需要の増加が予想されている。また、国内では事業再編等により液化炭酸製造拠点が減少傾向にあることから、市場の安定供給のニーズにも対応する。

原料の炭酸ガスを生産する宇部アンモニア工業は、国内最大の液化アンモニアメーカーで、国内で唯一、石炭ガス化プロセスを用い、石油コークス等の固形燃料を原料にアンモニアを生産しており、高いコスト競争力を有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.