> > 三菱自動車、電気自動車を本社の非常用電源として活用

三菱自動車、電気自動車を本社の非常用電源として活用

記事を保存
三菱自動車、電気自動車を本社の非常用電源として活用

三菱自動車は、災害等での停電時における本社機能維持のため、電気自動車(EV)を活用した、非常用電源を確保するシステム「MiEV power SUPPLY(ミーブ パワーサプライ)」を本社ビルに設置した。

本システムは、EV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」および電源供給装置「MiEV power BOX(ミーブ パワーボックス)」を応用したもの。このシステムによって独立した電源を確保することで、大規模な停電が発生した場合でも本社の中核機能を維持し、初動対策を行うことができる。駆動用バッテリー16.0kWh仕様車(「i-MiEV」「G」、「MINICAB-MiEV」「CD 16.0kWh」)を4台接続した場合で、およそ初動3日間の電源供給が可能だという。

今回、本社ビル1階から5階の会議室および8階の災害対策本部まで専用の配線を設置した。1階から5階の会議室は災害情報の提供場所や来客者の避難場所として活用する予定。1階には、「i-MiEV」または「MINICAB-MiEV」と「MiEV power BOX」の組み合わせを最大で4セット接続できるようにしており、対策本部・会議室の照明器具や情報通信機器へ電力を供給する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.