> > JSTと金沢大、有機薄膜太陽電池の新構造を開発 高効率化に成功

JSTと金沢大、有機薄膜太陽電池の新構造を開発 高効率化に成功

記事を保存
JSTと金沢大、有機薄膜太陽電池の新構造を開発 高効率化に成功

科学技術振興機構(JST)と金沢大学は、課題達成型基礎研究の一環として、有機薄膜太陽電池で既存のバルクへテロ構造を越える新しい構造を開発し高効率化に成功したことを発表した。

有機薄膜太陽電池は、光が当たると電子を放出するドナー材料と、放出された電子を受け取って電極まで運ぶアクセプター材料の2種類の半導体材料で構成されている。近年、それらを単純積層するのではなく、2種類の材料を混合し、接合界面の増加によって、効率的に電荷分離を起こす「バルクヘテロ構造」が開発され、変換効率の大幅な向上が図られている。しかし、この構造も万能ではなく、半導体材料によっては分子同士が重なり合ってしまう凝集が起こるなど適応できないものがあり、また混合層の作製には手間とコストがかかるという実用化に向けた課題を抱えている。

そこで今回、これまで有機太陽電池効率化の唯一の選択肢であったバルクヘテロ構造を用いずに、これと同等以上の効率が得られ、簡便・安価に作製できる新デバイス構造を開発した。今回開発されたナノロッドシートは、他の半導体でも効率向上が確認されており、有機太陽電池全般への応用が期待できる。同研究の要素技術はすでに国内で特許出願されており、両者は今後、企業などとの共同研究によって、早期の実用化の加速を目指す。

参考:科学技術振興機構 - ナノロッドシートを用いた高効率有機太陽電池を開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.