> > 東北電力など、大規模太陽光発電事業を専門的に行う新会社を設立

東北電力など、大規模太陽光発電事業を専門的に行う新会社を設立

記事を保存
東北電力など、大規模太陽光発電事業を専門的に行う新会社を設立

東北電力は、関係会社であるユアテックとの共同出資により、大規模太陽光発電事業を専門的に行う新会社「東北ソーラーパワー」を設立すると発表した。新会社の設立は、地域に根ざした複合エネルギーサービス企業として、大規模太陽光発電の導入に対する地域のニーズに迅速に応えることで、地域の復興支援・地域振興に貢献していくのが狙い。

同社はこれまで、2020年頃までに太陽光発電10,000kWの自社開発を目標に掲げ、八戸、仙台、原町の各太陽光発電所の計画を進めてきた。今後は新会社において、同社企業グループとして太陽光発電10,000kW以上の導入を目指す。

新会社の設立は9月を予定。払込資本は5億円(予定)。出資比率は、東北電力が70%、ユアテックが30%。本社は仙台市内に置くが、その傘下のプロジェクト会社(発電所)については、立地地域に設立し、より地域に密着した事業を展開していく計画だ。また、新会社で得られた利益の一部相当額を、地域に還元することで、立地自治体が行う環境や省エネ施策を支援するなど、東北の復興支援・地域振興に寄与していく考えを示している。太陽光発電事業を行う地点の選定については、被災程度の大きい岩手県、宮城県、福島県の沿岸部を中心としながら、他の地域も含め、今後、新会社により詳細を検討していく。

同社管内では、東日本大震災以降、被災地域の復興構想等において、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーを復興のシンボルとして導入する動きがみられ、特に再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入により、その動きは活発化し、同社に対する自治体等からの協力要請が多く寄せられている。新会社設立は、こうしたニーズに応えるもの。同社は、企業グループの中期経営基本方針において、再生可能エネルギーの導入拡大に取り組むことを掲げており、これまでも管内に豊富に賦存する水力、地熱、風力などの再生可能エネルギーの導入拡大に努めてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.