> > 積水ハウス、全工場に合計6.5MWのメガソーラーを設置

積水ハウス、全工場に合計6.5MWのメガソーラーを設置

記事を保存
積水ハウス、全工場に合計6.5MWのメガソーラーを設置

積水ハウスは、全国のすべての生産工場(5工場)に、合計6.5MWの太陽光発電システムを設置すると発表した。設備投資は24億8000万円を予定。国の再生可能エネルギーの固定買取制度を活用して電力会社に売電し、売電収入は2億1,300万円を見込む。2012年度中の発電開始を目指す。

今回、太陽光発電システムを設置する工場と発電容量は以下の通り。東北工場(宮城県色麻町)、690kw、関東工場(茨城県古河市)、2,400kW、静岡工場(静岡県掛川市)、1,980kW、兵庫工場(兵庫県加東市)、280kW、山口工場(山口県山口市)、1,150kW。合計6.5MWで年間予測発電量は600万kWh。売電収入は40円/kWh(税抜)で試算した。

同社は全国の工場にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置することで、顧客にも太陽光発電システムのメリットをアピールして、新築住宅および既築住宅への太陽光発電システム設置の提案を強化する。また、環境省が認定する「エコ・ファースト企業」として、工場でのゼロミッションや省エネ・創エネなどの取り組みを進めてきたが、これを機に最先端の環境配慮工場としての取り組みを加速させる。

同社ではこれまで、約8割が太陽光発電システム又は燃料電池を搭載した環境配慮住宅「グリーンファースト」を販売し、国内で年間最多の新築住宅での太陽光発電システムを設置してきた。また、今年からは、「グリーンファースト リフォーム」として、既築住宅への太陽光発電システムの設置にも注力している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.