> > 宮崎大、国内最大級のビームダウン式太陽集光装置で水素製造など

宮崎大、国内最大級のビームダウン式太陽集光装置で水素製造など

記事を保存
宮崎大、国内最大級のビームダウン式太陽集光装置で水素製造など

宮崎大学は、新潟大学との間で共同研究契約を結び、宮崎県の支援により、精密光学機器メーカーの三鷹光器が開発した「ビームダウン式太陽集光装置」を同大木花キャンパスに設置した。ビームダウン式は、へリオスタット(反射鏡式集光装置)により反射された太陽光を中央タワー上部の楕円鏡で再び反射し、下に向かって太陽光を集める方式。同装置は、ビームダウン式としては国内最大級で、世界最高レベルの集光度を誇る。

同装置が設置された敷地の広さは、東西60m、南北60m、中央タワーの高さは15mで、80基のへリオスタットが太陽を追尾し、1基あたり10枚の凹面反射鏡を動かし、800枚の凹面反射鏡からの太陽光を1つのスポットに集める。

同装置で高密度に集光された太陽光を熱に転換することで高温が得られることから、今後は、太陽炉で太陽電池の原料となる金属シリコンを製造する研究や、太陽熱による水素製造に関する新潟大学との共同研究などが計画されている。

なお、宮崎大学は、宮崎県の総合計画「未来みやざき創造プラン」に掲げる「環境・新エネルギー先進地づくりプログラム」と連携し、同装置を利用した新エネルギーに関する最先端の研究開発に取り組んでいた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.