> > JX日鉱日石エネルギー、仙台製油所、下松事業所でメガソーラー

JX日鉱日石エネルギー、仙台製油所、下松事業所でメガソーラー

記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、2013年1月より仙台製油所(宮城県多賀城市)において、また同年3月より下松事業所(山口県下松市)において、メガソーラー発電事業を開始すると発表した。同社は、7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されたことを踏まえ、初めてメガソーラー発電事業に参入する。

同社は、新エネルギー事業において、従来から「省エネ(省エネルギー)」「再エネ(再生エネルギー)」「自立(自立型エネルギー)」をキーワードとする「ENEOS創エネ事業」に取り組んでおり、太陽光発電については、戸建住宅、集合住宅、および公共・産業向けにシステムの販売を行なっている。また、総合エネルギー企業として、従来から、電力会社向け電力卸供給事業(IPP)や、一般企業向け電力小売事業(新電力(PPS))を手がけており、今後は、今回のような自社遊休地を活用したメガソーラー発電事業にも積極的に取り組んでいく考えだ。

仙台製油所のメガソーラーは西地区に設置。発電出力は1MW、設置面積は1.8万m2。下松事業所のメガソーラーの発電出力は1.75MW、設置面積は2.7万m2。なお、仙台製油所では、大規模停電時には、太陽光発電の自立運転による電力の提供(最大50kW)などにより、地域のに貢献できる設備の構築を目指すとともに、複数メーカーの太陽電池パネル使用による比較検証や、故障を早期発見する監視システムの導入・検証も行い、メガソーラーに関する技術・ノウハウの蓄積を図る。これにより、自社での発電事業のみならず、顧客へのメガソーラー事業のご提案・システムの提供にも取り組んでいく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.