> > 城南建設、太陽光発電・HEMS・蓄電池を搭載したオール電化住宅で光熱費ゼロを実現

城南建設、太陽光発電・HEMS・蓄電池を搭載したオール電化住宅で光熱費ゼロを実現

 印刷 記事を保存

城南建設は、太陽光発電システム、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、家庭用リチウム蓄電池、オール電化システム(エコキュート、IHクッキングヒーター)を標準搭載したスマートハウス「QUAD ZERO(クアッド・ゼロ)」を発売した。

QUAD ZEROは、品質とデザイン性を備えた自由設計住宅「QUAD」に「創る」「見る」「蓄える」「活かす」の4つのシステムを加え、家庭内の電力エネルギーを進化させた環境と暮らしの双方にやさしい光熱費ゼロの住宅。本体価格は1480万円~(施工床面積70m2~)。

QUAD ZEROの特長は、以下の通り。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.