> > CTC、太陽光発電の事業化支援サービスを開始

CTC、太陽光発電の事業化支援サービスを開始

 印刷 記事を保存

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、太陽光発電の事業化を支援する総合支援サービスを開始した。本サービスでは、発電量調査から事業開発支援、技術コンサルティングまでをワンストップで提供する。今後3年間で10億円の売り上げを目指す。

太陽光発電分野における太陽光発電量調査は、2009年から提供しているもので、今回、それに加え、事業開発におけるリスクの洗い出し、リスク低減提案や性能検査等の技術コンサルティングまでサービス範囲を拡大した。同社では、本サービスの開始に併せて、8月30日に、霞が関本社においてセミナーを開催する。セミナーでは、事業を実施する上で把握すべき知識や必要な技術について、各分野の専門家が講演を行う。

具体的には、本サービスでは、立地調査などの事業設計から関係機関等への手続き、性能検査等の施工プロセス、さらには運転・保守等の運用プロセスに至るまで、事業開発を総合的に支援する。日射量、気温、風速による気象要因および経緯経度、周辺建物、太陽光パネルの設置角度などの発電施設や設置環境から、日射量と発電量を推定し、事業性の評価等を行う。また、発電量調査、発電設備の技術検証、環境面の検証などを通じて、リスクの洗い出し、リスク低減策を策定する技術コンサルティングサービスを提供する。さらに、同社が持つ高度なIT技術を活かし、太陽光発電事業の安定運用を支援するソリューションを提供する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.