> > 香川県で大同ガス産業がメガソーラー事業に参入、12月発電開始

香川県で大同ガス産業がメガソーラー事業に参入、12月発電開始

記事を保存
香川県で大同ガス産業がメガソーラー事業に参入、12月発電開始

LPガス販売の大同ガス産業(香川県高松市)は、高松市朝日町の同社敷地内に出力約1MWの大規模太陽光発電所を建設し、メガソーラー事業に参入すると発表した。2012年8月下旬に着工、12月の完成・発電開始をめざす。

今回建設するのは「高松港メガソーラー発電所(仮称)」。最大出力は約1MWで、年間総発電量は一般家庭300世帯年間消費電力に相当する。これにより年間約449t のCO2削減効果を見込む。同社は、エネルギー問題による環境負荷の低減と持続可能なエネルギー供給という観点から、メガソーラーの建設を決めた。本件は高松市で最初に発電開始するメガソーラー発電所になる予定。

同社はLPガスの販売を中心に事業を手掛け、今年創業50年を迎えた。この間、日本で初めて一般家庭にカーボンオフセットプログラムを使ったLPガスの販売や、社内事務所のLED照明化、ガスヒートポンプエアコンの導入など、節電に対する全社的な取り組みも積極的に行なってきた。太陽光発電システムについては、2006年より事業を開始し、販売を行うだけでなく、自らすべての事業所に合計37kwの太陽光パネルを設置し、発電を行なっている。今後も、総合エネルギー企業として積極的に事業展開を行なっていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.