> > トクヤマとチヨダウーテ、廃石膏ボードのリサイクル会社を新設

トクヤマとチヨダウーテ、廃石膏ボードのリサイクル会社を新設

記事を保存
トクヤマとチヨダウーテ、廃石膏ボードのリサイクル会社を新設

トクヤマとチヨダウーテは、廃石膏ボードのリサイクル事業を目的とした新会社「トクヤマ・チヨダジプサム」を設立した。新会社では、廃石膏ボードの収集から二水石膏の製造・販売、廃石膏ボードリサイクル事業の運営などを行う。年内の工場完成を目指し、関係行政機関の許認可を受けた後、来年初めより事業を開始する予定。

トクヤマが持つ「廃石膏結晶大型化処理技術」については、以下の通り。石膏ボード廃材を粉砕し、紙と分離処理することによって、石膏粉を作ることができる。この石膏粉をボード原料としてリサイクルする場合、通常の原料中に10%程度しか混合することができない。これは、ボードの構造が多くの空隙を有する小さな針状結晶の凝集体であるためで、この課題を解決するには、石膏ボードの結晶構造を根本的に改質する必要があった。

そこでトクヤマは、長年の研究開発で蓄積した結晶化技術を応用し、連続反応装置を用いて廃石膏ボードの二水石膏を再結晶化し、一次粒子の大きさが約20μm以上の大型の二水石膏を得ることに成功。再結晶化により、二水石膏は粒子径が大型化し、空隙のない結晶への改質が可能となった。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.