> > 固定価格買取制度 7月末の設備認定件数 太陽光3万2000件で最多

固定価格買取制度 7月末の設備認定件数 太陽光3万2000件で最多

記事を保存

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、7月末時点での「設備認定」の状況を公表した。これによると、認定件数は「太陽光(10kW未満)」が32,659件で最も多く、ついで「太陽光(10kW以上)」1,027件、「風力(20kW以上)」6件、「水力(200kW未満)」3件で、合計33,695件となっている。一方、認定出力は「太陽光(10kW以上)」が300,705kWで最も多く、ついで「太陽光(10kW未満)」143,933kW、「風力(20kW以上)」122,000kWで、合計566,853kWとなっている。

認定件数を地域別で見ると、「関東」が11,876件で最も多く、ついで「近畿」5,426件、「九州」4,887件。都道府県別では、「愛知県」が2,032件で最も多く、ついで「埼玉県」1,841件、「大阪府」1,532件となっている。

認定出力を地域別で見ると、「九州」が142,186kWで最も多く、ついで「北海道」142,047kW、「関東」132,492kW。都道府県別では、「北海道」が142,047kWと最も多く、ついで「鹿児島県」81,368kW、「新潟県」24,540kWとなっている。

なお「設備認定」は、同制度を利用し売買を行うにあたって、法令で定める要件に適合しているか国において確認するもの。各電源共通の「メンテナンス体制」や「適正な計量が可能な構造」などのほか、電源ごとの基準が設けられている。

参考1:環境ビジネスオンライン - 設備認定とは

参考2:資源エネルギー庁 -  再エネ設備認定状況(※ページ中段)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.