固定価格買取制度 7月末の設備認定件数 太陽光3万2000件で最多

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、7月末時点での「設備認定」の状況を公表した。これによると、認定件数は「太陽光(10kW未満)」が32,659件で最も多く、ついで「太陽光(10kW以上)」1,027件、「風力(20kW以上)」6件、「水力(200kW未満)」3件で、合計33,695件となっている。一方、認定出力は「太陽光(10kW以上)」が300,705kWで最も多く、ついで「太陽光(10kW未満)」143,933kW、「風力(20kW以上)」122,000kWで、合計566,853kWとなっている。

認定件数を地域別で見ると、「関東」が11,876件で最も多く、ついで「近畿」5,426件、「九州」4,887件。都道府県別では、「愛知県」が2,032件で最も多く、ついで「埼玉県」1,841件、「大阪府」1,532件となっている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報