横河電機、インドネシアの石油精製プラントで省エネ実証試験、経産省より受託

  • 印刷
  • 共有

横河電機は、二国間オフセット・クレジット制度の構築に向けて、経済産業省が公募した平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(二次)で、同社の「インドネシアにおけるプラント操業運転最適化による省エネ技術普及に関する事業調査」が採択されたと発表した。

日本は、世界的な温室効果ガス排出削減・吸収に貢献するため、現在のCDM(クリーン開発メカニズム)を補完する新たなメカニズムとして、二国間オフセット・クレジット制度を提案している。本制度は、途上国に優れた低炭素技術や製品等を導入し、排出削減を適切に評価することにより、温暖化ガスの排出枠を融通するもの。「地球温暖化対策技術普及等推進事業」では、本制度の早期構築を図り、導入の可能性のある国に対する新たな政策の提言や、それに連動した低炭素技術・製品の普及等に向けた事業スキームの提案等を行うことを目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報