> > 東北地域の環境経済観測調査 再エネに関心高く業況は改善傾向

東北地域の環境経済観測調査 再エネに関心高く業況は改善傾向

 印刷 記事を保存

環境省の東北地方環境事務所は、環境ビジネスに焦点を当てた経済動向調査として平成22年12月から全国的に実施されている「環境経済観測調査」平成24年6月調査結果を活用し、東北地域の環境ビジネス動向に特化した調査結果を取りまとめて発表した。これによると、環境ビジネスの中では、再生可能エネルギーに関心が高く、業況は改善傾向にあるものの、先行きについては慎重な企業の認識が明らかになった。

主な調査結果は、以下の通り。

(1)東北地域においては、今後、新規または拡充していきたい環境ビジネスとして「再生可能エネルギー」を挙げており、全国調査と同様の傾向にある。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.