> > パルシステム、里芋の皮むきを改善し廃棄率を約20%削減

パルシステム、里芋の皮むきを改善し廃棄率を約20%削減

記事を保存
パルシステム、里芋の皮むきを改善し廃棄率を約20%削減

パルシステム連合会は、栽培履歴の明らかな宮崎・鹿児島産の産直里芋を使用し、皮むきを減らし廃棄率を約20%削減したオリジナル商品「九州のさといも」を9月3日より発売する。価格は399円。商品取り扱いはパルシステムグループ9生協(1都9県)。

同商品は、同会が推進する「もったいないプロジェクト」商品の一つ。「もったいない」の思いから、必要最低限の皮むきに抑えて、廃棄率を削減したのが特長。里芋を軽く下ゆでしてから急速凍結し、パルシステムと産直協定を締結しているイシハラフーズの自社農場及び契約農家で生産される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.