パルシステム、里芋の皮むきを改善し廃棄率を約20%削減

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

パルシステム連合会は、栽培履歴の明らかな宮崎・鹿児島産の産直里芋を使用し、皮むきを減らし廃棄率を約20%削減したオリジナル商品「九州のさといも」を9月3日より発売する。価格は399円。商品取り扱いはパルシステムグループ9生協(1都9県)。

同商品は、同会が推進する「もったいないプロジェクト」商品の一つ。「もったいない」の思いから、必要最低限の皮むきに抑えて、廃棄率を削減したのが特長。里芋を軽く下ゆでしてから急速凍結し、パルシステムと産直協定を締結しているイシハラフーズの自社農場及び契約農家で生産される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報