環境省、汚染土壌に係る調査と措置のガイドラインを見直し

  • 印刷
  • 共有

環境省は、土壌汚染対策法に基づく適正な調査及び措置を行う際の指針となる「土壌汚染対策法に基づく調査及び措置に関するガイドライン」について、法の施行状況や事業者、自治体に対して実施したヒアリング及びアンケート等の結果を踏まえ、自然由来の有害物質が含まれる汚染された土壌が盛土材料として利用された場合の取扱い等の観点から見直しを行い、その内容を公表した。

主な改訂の内容は、以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報