> > 日揮、大分県の日産所有地に国内最大級20MWのメガソーラー

日揮、大分県の日産所有地に国内最大級20MWのメガソーラー

記事を保存

日揮は、大分県大分市の日産自動車所有地に、国内最大級の26MWの大規模太陽光発電(メガソーラー)を建設すると発表した。2013年5月の発電開始を目指す。総事業費は約80億円。メガソーラー事業向けでは、国内第1号となるプロジェクトファイナンス契約を締結し融資を受ける予定。

本事業は、日産が大分県大分市の臨海工業地帯に所有する約35万m2の土地に、発電容量2万6,500kWの太陽光発電所を建設し、発電した電気を固定価格買取制度に基づき、九州電力に売電するもの。一般家庭約9,000戸分の年間消費量に相当する年間発電量を見込む。2013年5月から操業を開始し、その後20年間に亘って運営を行う。同社にとっては国内初の太陽光発電事業となる。また、本発電所は売電開始時において、発電量で国内最大級のメガソーラー事業となる見通し。

本発電所の事業運営は、同社が100%出資する特別目的会社を通じて実施する予定。総事業費約80億円は、みずほコーポレート銀行、大分銀行、豊和銀行、福岡銀行とプロジェクトファイナンス契約を締結し、融資を受ける予定。本発電所の建設工事は、子会社の日揮プラントソリューションと四電エンジニアリングで構成されるコンソーシアムが実施する。さらに、設備保守業務は、日揮プラントソリューションが行うなど、日揮グループを挙げて本事業に取り組む。

日揮は、1928年、日本初のエンジニアリング会社としてスタート。新エネルギー関連事業としては、2010年にスペインにおいて発電容量10万kWの太陽熱発電事業に参画し、本年2月より同発電事業の操業を開始、また、2011年にサウジアラビアで太陽光発電実証事業を実施している。さらに、エンジニアリング事業を通じて培ったエネルギープラントやインフラ施設に関する技術力、プロジェクトマネジメント力を活かして、インドをはじめとする新興国においてスマートシティ計画を推進している。

同社は、今回の太陽光発電事業への参画は、国内外で新エネルギー分野における事業のさらなる拡大を目指すために貴重な機会になると捉えている。また、太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーをはじめ、環境に優しい交通インフラが採用されるスマートシティの推進にも活かしていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.