> > 京セラ、3本バスバー電極構造の太陽電池モジュールの特許を取得

京セラ、3本バスバー電極構造の太陽電池モジュールの特許を取得

記事を保存
NHKの新有機ELデバイス

※クリックで拡大

京セラは、太陽電池の基幹デバイスである太陽電池セルに「3本バスバー電極構造」を採用した太陽電池モジュールについて、国内における特許を取得したと発表した。

同社が取得した特許は、太陽電池セルの表面にあるバスバー電極を従来の2本から3本にするとともに、バスバー電極およびフィンガー電極の幅と配置を最適化することによって、太陽電池セルの受光面積の向上と電極の電気抵抗の低減の両立を図り、太陽電池モジュールの高効率化を実現した技術に関するもの。

「3本バスバー電極構造」は、この技術を採用した多結晶シリコン型太陽電池セルで世界最高効率を実現して以来、現在に至るまで同社の太陽電池セルにおける主要な技術。現在、太陽電池市場で多くを占める結晶系太陽電池モジュールにおいて主流となっているが、今後、この特許に該当する電極構造を採用している企業に対して警告などを検討し、知的財産の保護に努めていきたい考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.