> > 富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所、ICT技術と屋根貸しを活用

富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所、ICT技術と屋根貸しを活用

記事を保存
富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所、ICT技術と屋根貸しを活用

富士通およびレオパレス21は、福島県下において、「ICT技術」と「屋根貸し太陽光発電事業」を融合した仮想型太陽光発電所の実証検証を開始すると発表した。福島県全域出力で、レオパレス21のアパート60棟相当に相当する太陽光発電を束ね、合計1MW規模の仮想発電所を設置する。実証期間は2012年9月から2014年2月末まで。

本実証検証では、「屋根貸し事業モデルの実証」「仮想発電所の構築(情報収集基盤の実証)」「ソーラーマップの構築」の3つの柱からなる。「屋根貸し事業モデルの実証」では、レオパレス21が展開する賃貸事業スキーム(一括借上げ方式)を活用し、新たな屋根貸し太陽光発電事業モデルの構築および検証を行う。本実証では類似構造を持つ、レオパレス21ブランドの住宅や建物をベースとすることで、設置可能なアパートを確保。アパートのオーナーが、レオパレス21に発電用の屋根を貸すことで賃貸料を得るための仕組みについて検討する。

富士通は「仮想発電所の構築」に向けて、これらの点在する太陽光発電システムをICT技術の活用によって仮想的に束ね大規模な仮想発電所を実現するための事業検討を行う。さらに、「ソーラーマップの構築」では、本事業で設置した太陽光発電システムの発電情報を可視化し、地域住民に情報公開することにより、太陽光発電普及活動の促進を後押しするポータルサイトの開発を実施する。

本事業は、2社が共同で申請した「ICT技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証検証」が、太陽光発電協会の「平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」として採択されたことにより実施するもの。本実証検証を通して、本モデルが太陽光発電の普及に有効なモデルであることを実証検証し事業化を検討するとともに、福島県の復興に貢献するのが狙い。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.