> > 東京都の環境モデルビルに、各個人で照度・色を調節できるLED照明制御システム導入

東京都の環境モデルビルに、各個人で照度・色を調節できるLED照明制御システム導入

記事を保存
「環境配慮型次世代照明システム」

※クリックで拡大

前田建設は、キルトプランニングオフィスと共同開発したLED照明とその制御システム「環境配慮型次世代照明システム」が、三菱地所が東京都中央区茅場町に建設中の先進の環境技術を導入した環境モデルビルに採用されたと発表した。

同システムは、あらかじめ定めたシーンに基づいた照明制御(照度・色温度)、照度センサ・人感センサによる全体制御に加え、各オフィスワーカーが最も快適と感じるきめ細かな照度や色の調整を、スマートフォンやPCなどの端末から個別に制御することを可能としたもの。

光源として、紫色LEDとRGB蛍光体の組み合わせで発光させた、自然に近い色の再現性を持つ「高演色照明器具」と省エネ性を重視した「高効率照明器具」の二種類を準備。いずれも、照度と色温度(電球色から昼白色)の調光可能で、特別な場所には「高演色照明器具」によりワンランク上の快適な環境を、一般オフィスには「高効率照明器具」の採用により、さらなる省エネルギーを実現する環境を提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.