> > 三菱マテリアル、使用済みハイブリッド車からの希少金属回収技術の実証事業

三菱マテリアル、使用済みハイブリッド車からの希少金属回収技術の実証事業

記事を保存

三菱マテリアルは、世界に先駆けて使用済みハイブリッド車からのレアアース磁石の回収技術の開発およびリサイクルシステムの実証に着手すると発表した。本事業では、ホンダ製のハイブリッド車を中心に、駆動用モーターを取り出し、レアアース磁石を効率的に回収するための技術を開発する。

同社は、家電リサイクル会社5社を運営し、家電由来のレアアース磁石のリサイクルを展開する。また、ホンダトレーディング及びマーク・コーポレーションと協力して、これまで使用済み自動車のモーターからレアアース磁石を回収するためのリサイクル技術開発を進めてきた。本事業は、今般、経済産業省が取り組む「希少金属代替材料開発プロジェクト」の一環として、NEDOの「使用済みモーターからの高性能レアアース磁石リサイクル技術開発」事業の助成事業テーマとして、同社が提案した「使用済み自動車からの希少金属回収技術開発」が採択されたことを受けて実施するもの。

同社は事業実施主体として、リサイクル技術開発を実施し実証設備の設計製作および実証試験をそれぞれ担当し、使用済みハイブリッド車を回収するプロセス等を含めたリサイクルシステム全体の設計、実証を行う。また、ホンダトレーディングが自動車回収システムの実証協力を、マーク・コーポレーションが回収した部品などの前処理実施協力および実証設備の設置協力を行う。

自動車産業では、消費者の環境意識の高まりから、ハイブリッド車などエコカーの需要が拡大しており、2020年には年間40万台もの使用済みハイブリッド車が発生することが予測されている。ハイブリッド車に搭載されている様々な電動部品には、ネオジムやジスプロシウム等のレアアースや希少金属が使用されている。レアアース等はその希少性や偏在性から資源枯渇の可能性や価格高騰などが懸念されており、安定調達が喫緊の課題になっているものの、現状はリサイクル技術が確立されていない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.