> > 東芝グループ、大容量・高出力の定置式家庭用蓄電システムを発売

東芝グループ、大容量・高出力の定置式家庭用蓄電システムを発売

記事を保存
東芝グループ、大容量・高出力の定置式家庭用蓄電システムを発売

東芝グループは、夜間に貯めた安い電力を長時間使用することができる、大容量タイプの定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を、11月に東芝ライテックより発売する。今後1年間で12万台の販売を見込む。

新製品は、分電盤に接続し、家中の電気製品に電気を供給する長寿命・高性能な系統連系蓄電システム。定置式家庭用蓄電システムとしては大容量(6.6kWh)、業界トップの高出力(3.0kVA)で、貯めた電気で電気機器を長時間使用できるほか、100V機器だけでなくエアコンなど200V機器にも使用が可能。また、万一の停電時には、冷蔵庫や照明などを約12時間使用することができる。

蓄電池本体には、東芝製リチウムイオン電池SCiB™を搭載。SCiB™は、高い安全性と、6,000回以上のサイクル寿命を備え、急速充電性能、高出力性能、低温動作等の優れた特性を有する。業界トップの約2時間での急速フル充電が可能なので、計画停電など、急な充電が必要な場合にも対応ができる。

また、コントローラであらかじめ充電時刻と使用時刻を設定し、深夜など電気料金の安い時間帯に充電するなど、自動で経済的な運転を行うことができる。太陽光発電システムと組み合わせた場合、夜間に系統から蓄電池に充電した電気を日中に使用することで、太陽光発電システムで発電した電気をより多く売電することが可能となる。その他にもコントローラは、運転表示、充電履歴表示、充放電時間が複数設定できるダブルタイマー、電池残量の設定などの操作機能も備える。

さらに、今回、業界で初めてHEMS(ホーム・エネルギー・マネージメント・システム)構築のための通信規格「ECHONET Lite™(エコーネットライト)」に対応した機種もラインアップした。東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンで蓄電システムの運転状態や充電量などを外出先などから見ることができる。

東芝グループは、スマートコミュニティ事業の拡大にあたり、スマートホーム事業の取り組みを強化している。今回発売する定置式家庭用蓄電システムは、同グループにおける二次電池技術や機器制御技術などを結集して開発した。今後も、太陽光発電システム、家庭用蓄電システム、燃料電池などの新エネルギー機器と家電の効率的制御を含むHEMS、スマートホーム関連技術の開発、製品化に注力していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.