> > 神奈川県「スマートエネルギー構想推進協議会」設置 創・蓄・省エネ一体化へ

神奈川県「スマートエネルギー構想推進協議会」設置 創・蓄・省エネ一体化へ

記事を保存

神奈川県は、「かながわスマートエネルギー構想推進協議会」を設置し、9月12日に第1回目の協議会を開催した。同協議会は、県と経済団体等が相互に連携・協力し、特に固定価格買取制度の活用による太陽光発電の普及拡大など「創エネ」の取組とともに、「省エネ」及び「蓄エネ」の取組と一体となった「スマート化」を積極的に推進することを目的に設置されたもの。

同県は、「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」を組み合わせて、地域における効率的なエネルギー需給を目指す「かながわスマートエネルギー構想」を掲げ、この中で2020年度に県内の電力消費量に対する「創エネ」と「省エネ」の割合を、「蓄エネ」と組み合わせることにより20%以上の水準まで高めることを目標としている。

また、太陽光発電に関しては、「創エネ」の中心的な役割として、導入ポテンシャルの見込みとして「約200万戸分」を早期に達成できるよう全力で取り組んでいく予定。風力発電に関しては、「具体的検討エリア」・「設置可能地点」を抽出する「立地可能性調査」を行い、その結果を情報提供することにより、民間での設置を促していく。

参考:神奈川県 - かながわスマートエネルギー構想

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.