> > 埼玉県桶川市、池に浮くメガソーラーの事業者を募集

埼玉県桶川市、池に浮くメガソーラーの事業者を募集

記事を保存
埼玉県桶川市、池に浮くメガソーラーの事業者を募集

埼玉県桶川市では、同市東部工業団地内にある後谷調整池を有効活用し、地球温暖化対策施策の一環として、メガソーラー発電施設の設置・運営を行う事業者を募集する。事業期間事業期間は、メガソーラー発電施設の運転開始後20年以内。9月25日~10月9日まで企画提案書を受け付け、10月中旬に事業者を決定する。

条件等は、以下の通り。

(1)桶川市は、後谷調整池を地方自治法第238条の4第7項の行政財産の目的外使用許可で使用させることとし、1年ごとに許可する。

(2)使用料は、パネル設置等使用面積に対し年額150円/m2以上とし、企業の提案による。

(3)メガソーラー発電施設はフロート(浮体構造物)方式とする。

(4)調整池の施設、管理及び機能を損なわず、周辺環境に配慮した構造とする。

(5)桶川市における環境学習の推進に資する施設を、事業者の費用負担により設置する。

参考:桶川市 - 後谷調整池メガソーラー発電事業者の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.