> > 愛知県・三重県・岐阜県で「まち全体が発電所」のスマートタウン

愛知県・三重県・岐阜県で「まち全体が発電所」のスマートタウン

 印刷 記事を保存

積水ハウスは、東海3県で初となる、太陽電池・燃料電池・蓄電池の3電池と家庭用エネルギー管理システム(HEMS)を搭載したスマートハウスを軸とする「防災と電力不足に対応するスマートタウン」の分譲を10月20日より愛知県で開始する。三重県、岐阜県内にも順次展開する。

このスマートタウンでは、全体の約2割を、3電池搭載とHEMSを搭載したスマートハウス「グリーンファースト ハイブリッド」とする。これにより、停電時にも電力のある安全・安心な暮らしを実現するとともに、災害時のまちの防災拠点としての役割も担い、まち全体の防災性能を高める。さらに、太陽光発電システムと燃料電池によるダブル発電でまち全体の使用電力量を上回る電力を発電することで「まち全体が発電所」を目指す。断熱性能の高い住宅で節電しながら、近隣の住宅に電気を供給することによって電力不足の解消にもつなげる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.