> > 2011年度都市ガスコージェネレーション累計設置件数 前年比17.2%増

2011年度都市ガスコージェネレーション累計設置件数 前年比17.2%増

記事を保存
2011年度都市ガスコージェネレーション累計設置件数 前年比17.2%増

日本ガス協会は、全国209の都市ガス事業者を対象とした調査結果をもとに、2011年度の都市ガスコージェネレーション導入実績をまとめた。

これによると、2011年度末の都市ガスを燃料とするコージェネレーション(スチームタービンを除く)の累計設置容量は453.5万kw となり、2010年度に比べて2.9万kw(0.6%)の増加。また、累計設置件数は131,280件となり、2010年度末に比べて19,289件(17.2%)の増加となった。

このうち業務用と産業用の合計件数は6,258件で、2010年度末に比べて164件(2.7%)の増加、家庭用(ガスエンジン、燃料電池)の件数は125,022件で、2010年度に比べて19,125件(18.1%)の増加となった。

都市ガス業界は、環境性・効率性等に優れた分散型エネルギーシステムとして、今後も都市ガスコージェネレーションを普及促進に努めていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.