> > 太陽電池関連の世界市場、2030年には4兆5,520億円で51%増予測

太陽電池関連の世界市場、2030年には4兆5,520億円で51%増予測

記事を保存
太陽電池関連の世界市場、2030年には4兆5,520億円で51%増予測

富士経済は、今年4月から7月にかけて、低価格化が進みFIT(固定価格買取制度)などの優遇政策に依存しない自律的な市場拡大への方策が求められる太陽電池関連の世界市場について調査を実施し、その結果を報告書「2012年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望 上巻」としてまとめた。

同調査は、川上から川下までのバリューチェーン分析を通した太陽光発電関連ビジネスの俯瞰を目的に、太陽電池に関連する市場を2回に分けて実施するもの。今回は、第一弾として世界の太陽電池(セル・モジュール)及び部材/原料、周辺機器の技術・市場の動向と日本国内の太陽電池・太陽光発電システム市場を分析した。

太陽電池の世界市場(モジュール出荷ベース)の概要は、以下の通り。

「出力ベース」では、全体をリードしてきた欧州市場において2011年後半、2012年とFITの引下げや補助削減策が相次いだことから、2011年は駆け込み需要により拡大したものの、2012年は縮小が見込まれる。しかし、需要地確保や現地企業育成等の観点から優遇政策の導入を進める中国、太陽光発電システムにとって良好な条件が整っているアメリカやインド、FITが開始された日本などでの需要が拡大しており、短期・中期的にもこれらの需要が市場を牽引し、2012年は21%増の40,105MWが見込まれる。

「金額ベース」では、太陽電池価格の下落により縮小が見込まれる。価格下落の要因は在庫量の増加と原料安などの製造コスト低減が挙げられる。需要は拡大しているものの供給量ほどの拡大は見られず、在庫量が上昇していることから、販売先を確保するため、価格競争が激化している。また、結晶シリコン太陽電池の生産量増加を見越し、ポリシリコンメーカーが生産能力増強を実施したものの、太陽電池の需要が想定したよりも伸びなかったため、供給過剰となったポリシリコン価格が下落している。これにより結晶シリコン太陽電池の価格が下がり、薄膜シリコン太陽電池やCIGS太陽電池など価格の安さで対抗してきた他の太陽電池の価格も更に押し下げられる流れになっている。その結果、2011年は4兆286億円だったが、2012年には3兆209億円で25%減の見込み。

長期的には需要地が先進国から新興国にも広がることで太陽電池市場は発展していくと予測され、日照条件の良好なアフリカ、中東、南米、東南アジアでの需要が期待される。また市場としても2030年には2012年比で、出力ベースで3.2倍の128,600MW、金額ベースで51%増の4兆5,520億円が予測される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.