> > 三井造船、大分に17MWのメガソーラー建設、三井不動産と共同

三井造船、大分に17MWのメガソーラー建設、三井不動産と共同

記事を保存
三井造船、大分に17MWのメガソーラー建設、三井不動産と共同

三井造船は、三井不動産は共同で、三井造船大分事業所(大分県大分市日吉原)内に、約17MWのメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を建設し、同社として初めてメガソーラー発電事業に参入すると発表した。

本事業では、7月から施行された固定価格買取制度を活用し、発電した全量を20年間、九州電力に売電する。両社の共同事業として実施するもので、出資比率は三井造船51%、三井不動産49%。2012年10月の着工、2013年11月の完工、2013年12月の運転開始を目指す。

三井造船の売電事業としては、千葉事業所(千葉県市原市)において日本最大規模となる49,900kWのバイオマス発電設備や風力発電(1,500kW)設備が稼働している。

また、三井不動産は、9月11日に、顧客に対して保有不動産(CRE:Corporate Real Estate)を有効活用するための新たなソリューションとして、メガソーラー事業を提供していくと発表。太平洋セメントの所有地(山口県山陽小野田市)に建設する約13MWを含め、2013年度中に3施設合計で発電出力約53MWのメガソーラーを建設することを明らかにしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.