> > NEDOなど、日米プロジェクトで太陽光発電大量導入のスマートグリッド実証

NEDOなど、日米プロジェクトで太陽光発電大量導入のスマートグリッド実証

 印刷 記事を保存

NEDOは、米国ニューメキシコ州において同州政府等と共同で取組んでいる日米スマートグリッド実証プロジェクトのひとつ、ロスアラモス郡の実証サイトが完成、本格的な実証運転を開始したと発表した。本事業では、NEDOから委託された東芝や京セラなど国内11社がスマートグリッド実証とスマートハウス実証を行う。

本実証プロジェクトは、NEDOが海外で実施するスマートコミュニティ事業の最初のケースとなる。NEDOは、同州政府が州内5カ所で行うスマートグリッド実証プロジェクトのうち、ロスアラモス郡とアルバカーキ市の2カ所で連携、2009年度から2013年度まで予算額約48億円(ロスアラモスサイト約30億円、アルバカーキサイト約18億円)でスマートグリッド実証を展開する。アルバカーキ市の実証サイトは5月17日に実証運転を開始している。

ロスアラモス郡のサイトでは、天候により発電出力が変動する太陽光発電(PV)を大量に配電線に連系し、電力系統用大型蓄電池制御とデマンドレスポンス(需要家による電力消費の調整)を用いることにより、配電線の電気の流れを制御し、品質を確保するシステムを構築し、実証する。本実証の要素を組み入れた需給制御は世界でも最先端なスマートグリッド実証である。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.