パナソニック、HIT太陽電池モジュールの高いPID耐性を実証

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

パナソニックグループ エナジー社は、同社製HIT太陽電池モジュールが、社内及び第三者機関で検証した結果により、PID(Potential Induced Degradation:電圧誘起出力低下)に対して高い耐性を有することを実証したと発表した。HIT太陽電池は、第三者機関が実施した試験において、高システム電圧、高温多湿の環境下でも太陽光発電システム全体の総出力の低下がみられなかった。

PID現象とは、太陽電池モジュールでモジュール内部回路(太陽電池セル)と接地されたフレームとの間に高電圧がかけられた状態で温度や湿度などの外部要因が加わった場合に生じることがある出力低下現象で、太陽光発電システム全体の総出力を低下させる恐れがある。一般にシステム電圧が高く、高温多湿な環境において起こりやすいとされている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事