> > IHI、設置が容易な送電端最大出力20kWの小型バイナリー発電装置を開発

IHI、設置が容易な送電端最大出力20kWの小型バイナリー発電装置を開発

 印刷 記事を保存

IHIは、従来のバイナリー発電装置にはない、20kWの小型バイナリー発電装置を開発したと発表した。今後、系統連系機能を有する送電端最大出力20kWのパッケージタイプ小型バイナリー発電装置として、様々な業種の工場などに向け、2013年度からの販売開始を目指す。

同社は、バイナリー発電のシステムをワンパッケージに収め、さらに商用電源への接続を可能にする系統連系機能を有する送電端最大出力20kWの小型バイナリー発電装置を開発してきた。このたび、70℃~90℃程度の温水から所定通りの発電が行えることを確認し、商品化への目途が立ったことから、販売開始について発表した。さらに、ラインナップの拡充を図り、顧客の様々な省エネ・発電のニーズに対応していく計画だ。

今回開発した小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」は、コンパクトサイズ(幅約2m、奥行き約1.4m、高さ約1.6m ※プロトタイプ機)で、容易な取付け、静粛・低振動、操作性・起動性の高さを特長とする。20kWという小型タイプで、発電に必要な温水量が少ないため、これまで熱エネルギーの回収が難しいとされてきた、工場などで分散して排出されている100℃未満の温水を、集約せずに少量のまま発電に利用することができる。また、まとまった温水が排出される工場では、本装置を複数台設置し、温水を各装置に分散させて発電することも可能。メンテナンス時には一台ずつ停止して他の装置で発電することにより、発電装置の稼働ロスを最低限に抑えることができ、効率の良い運用ができる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.