執刀医の暑さ、患者の寒さ 手術室の課題を解決する新空調システム

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

鹿島は、手術室の新しい空調システム「KVFS(KAJIMA Variant Flow System)」を開発し、埼玉県幸手市の東埼玉総合病院に導入した。同システムは、従来の手術室の空調で課題となっていた患者近傍の低温化防止と執刀医の暑熱感緩和を同時に図るとともに、患者の手術部位の感染リスクを低減する画期的なシステム。

今後は同病院で操作性や応答性など空調としての使い勝手をさらに検証し、システムのブラッシュアップを図る予定。また、空調機の稼働状況を長期的に計測しており、この解析データとアンケート調査により、さらに進化した手術室空調システムの構築を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報