> > 北海道大学、太陽光を高効率でレーザー光に変換できる新しい結晶を開発

北海道大学、太陽光を高効率でレーザー光に変換できる新しい結晶を開発

 印刷 記事を保存

北海道大学は、太陽光のエネルギーを高効率でレーザー光に変換できるCr,Nd:CaYAlO4結晶の開発に成功したと発表した。

この結晶は、太陽光のエネルギーが最大となる500nm帯近傍の波長で十分に大きい吸収を示し、430nm帯近傍の波長でも従来材料と比較し70倍以上の吸収断面積を有している。これにより、高効率で吸収した太陽光エネルギーをレーザー光に変換し、保存型エネルギーを得ることが期待できる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.