> > シャープの新しい太陽電池は半透明 窓ガラスなどに設置可能

シャープの新しい太陽電池は半透明 窓ガラスなどに設置可能

記事を保存
シャープの新しい太陽電池は半透明 窓ガラスなどに設置可能

シャープは、発電と採光を両立でき、建築用ガラスとして活用できるシースルー太陽電池モジュール「NA-B095AA」を10月1日より発売する。太陽光発電システムは屋根への設置が一般的だが、同製品は窓ガラスやベランダの手すりなどに設置できるのが特長で、同社は、建材として提案していく。

同製品は、屋根などに設置する一般的な太陽電池モジュールで採用されている金属フレームをなくし、合わせガラス構造を採用することで、一般的なガラス建材と同様にサッシや手すりの枠などに納めることが可能。セルに細かなスリットを施すことで、モジュール変換効率6.8%の発電能力、適度な採光、遮蔽係数0.39の遮熱性能を実現した。発電しながら適度に光を室内に採り込め、熱を遮ることもできる省エネガラスとして、窓やカーテンウォール、ひさしなど様々な場所に設置できる。

デザインは、黒を基調としたスタイリッシュな外観で、建物と美しく調和する。建物内外から見える場所に設置するため、環境対策への取り組みのアピールにも効果的。また、サッシや手すりの枠と組み合わせて提供可能にし、ビル、マンション、病院、店舗など様々な建物に設置できるよう、扱いやすさも追求している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.