> > トヨタ、愛知県豊田市で都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を開始

トヨタ、愛知県豊田市で都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を開始

記事を保存
トヨタ、愛知県豊田市で都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を開始

トヨタ自動車は、豊田市や交通事業者などとの連携により、10月1日から都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を開始する。今回の実証は、低炭素と利便性に配慮した移動をサポートする情報提供システムと、小型電気自動車(EV) シェアリングサービスで構成される。

「Ha:mo」は、クルマなどパーソナルな乗り物と公共交通の最適な組み合わせによって、人にも街にも社会にも優しい移動の実現を目指す交通サポートシステムの総称。今回、実証する2つのサービスは、生活者・交通事業者・コミュニティをつなぎ、低炭素かつシームレスな移動をサポートする情報提供システム「Ha:moNAVI(ハーモ・ナビ)」と、都市内の短距離移動を想定した小型EV シェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモ・ライド)」 。

情報提供システム「Ha:mo NAVI」は、個別に運営されている公共交通などのサービスと自家用車を連携させ、独自の交通需給予測に基づいて、CO2排出量と利便性の双方に配慮した移動ルートの選択肢を提示し、利用を促すシステム。2012年10月から、1. 道路混雑状況を考慮し、電車・バス・自家用車・タクシーなど複数の交通手段を組み合わせ、スマートフォンで最適なルート検索を行うマルチモーダルルート案内、2.マイカー利用を含むルート検索時に、満車・空車状況を考慮したパーク&ライド駐車場の情報もあわせて提供、3.パーク&ライド駐車場と公共交通の利用実績に応じたエコポイント付与、のサービスを開始する。

小型EV シェアリングサービス「Ha:mo RIDE」では、公共交通の最寄駅と最終目的地との間の数キロ程度(ラスト・ワンマイル)の移動につき、超小型EV を用いてカーシェアリング・サービスを提供。クルマと公共交通の最適利用を目指すとともに、車両搭載蓄電池の地域エネルギーマネジメントへの有効活用の一環として取り組む。具体的には、豊田市内の中京大学構内2カ所、名古屋鉄道浄水駅と愛知環状鉄道貝津駅の計4カ所に車両ステーションを設置して、トヨタ車体製の超小型EV「コムス」10台を運用する。スマートフォンでの利用予約やIC カードを使った認証・開錠による無人貸出が可能で、ワンウェイ利用(乗り捨て)もできる。会員は当初は中京大学生・職員100 名程度とする。初年度は無料とし利用を促す。

今後はサービスエリアを豊田市中心部に拡げ、車両100 台程度、ステーション10~20 カ所、会員1,000名の規模に拡大し、有料サービスとする計画である。また、ヤマハ発動機と連携し、電動バイクや電動アシスト自転車の導入も検討している。地域エネルギーマネジメントの観点では、充電マネジメントによるピークシフトなども導入する計画である。

「Ha:mo NAVI」では、今後は、ルート案内に「Ha:mo RIDE」も組み込み、個人の移動履歴を踏まえた「リコメンデーション(推奨)」機能や、バスや「Ha:mo RIDE」などの交通事業者に対し需要に応じた機動的な運営を促す情報提供などの機能を追加する予定である。さらに、地域エネルギーマネジメントシステム(EDMS)と連携し、豊田市のEDMS 実証実験に参加する世帯のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池残量や地域の電力需給状況を考慮した移動ルートの選択など、交通システム全体としてのエネルギー利用効率向上に向けた実証を行う計画である。

なお、本実証は経済産業省が行う「次世代エネルギー・社会システム実証事業」として採択を受け、「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の一環として実施するものである。本事業には、愛知環状鉄道、愛知高速交通、中京大学、豊田市、名古屋鉄道、日立製作所、名鉄協商、メイテツコム、名鉄バス、ヤマハ発動機が参画する。

参考:日立、愛知県豊田市の低炭素社会システム実証プロジェクトに参画(2012/10/02)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.