> > 奈良県の大和茶飲料開発でびんリユースシステム構築の実証

奈良県の大和茶飲料開発でびんリユースシステム構築の実証

 印刷 記事を保存

環境省は「平成24年度びんリユースシステム構築に向けた実証事業実施地域」について、環境問題等に取り組むNPO団体World Seedの「奈良県におけるリユースびんを用いた大和茶飲料開発・販売事業」を採択したと発表した。

「奈良県におけるリユースびんを用いた大和茶飲料開発・販売事業」は、奈良県でリユースびん商品の安定供給とびん回収のシステムを関連団体と連携して構築するもの。「奈良県びんリユース推進協議会(仮称)」を立ち上げ、びんリユースの推進体制を整える。リユースびん商品普及にあたって、その環境的意義を発信し、リユース概念の周知を図るための容器グラフィックデザインのコンペティションと展覧会を行う。同実証事業でのリユースびんは、生駒市役所、奈良県旅館・ホテル生活衛生同業組合やまちづくり奈良と連携して販売する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.