> > JBサービス、情報関連機器のリサイクルサービスを開始

JBサービス、情報関連機器のリサイクルサービスを開始

 印刷 記事を保存

JBサービスは、企業内で使用済の情報関連機器に対して、廃棄物の減量化、資源リサイクルを推進する「情報機器関連リサイクルサービス」を開始する。10月15日よりJBサービスを中心としたJBグループで販売を開始し、初年度は5,000万円の販売を見込む。

本サービスは、企業内で使用済の情報関連機器(パソコン・モニター等)を専門的な解体技術を用いて「再資源品(レアメタル等含有品)」と「非再資源品(廃棄物)」に解体・分別することにより、資源の循環や産業廃棄物の減量及び処分費用の削減を支援し、循環型社会の構築を推進するもの。

本サービスでは、環境省より優良産廃処理業者に認定されている再資源業者を紹介し、「再資源品」は顧客所有物として売却支援を行う。また、「非再資源品」に関しては、産業廃棄物処理委託契約の支援及び産業廃棄物管理票(マニフェスト)起票・交付・回収に対する顧客の事務作業を代行する。これにより、廃棄物の大幅な削減とともに製品ごとの資源リサイクル率の「見える化」を実現し、CSRの観点においても直接的な役割を果たす。詳細なデータ消去報告書についてはオプションサービスとして提供する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.