> > NTTファシリティーズ、データセンター空調エネルギー低減に注力、米ベンチャーに出資

NTTファシリティーズ、データセンター空調エネルギー低減に注力、米ベンチャーに出資

 印刷 記事を保存

NTTファシリティーズは、データセンターの空調エネルギー40%以上の低減に向けて、データセンター向け空調自動制御システム「SmartDASH」の開発元である、米国ベンチャー企業のVigilent社(本社:米国カリフォルニア州)へ出資したと発表した。SmartDASHの海外販売では、今後3カ年で、国内外合わせて60億円以上の売上を見込む。

同社は、このたび、Vigilent社の転換社債(Convertible notes)を購入する形で出資を行った。本出資は、データセンター向けサービスの一層の向上及びSmartDASHの海外販売の強化を目的としている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.