> > NTTファシリティーズ、データセンター空調エネルギー低減に注力、米ベンチャーに出資

NTTファシリティーズ、データセンター空調エネルギー低減に注力、米ベンチャーに出資

記事を保存

NTTファシリティーズは、データセンターの空調エネルギー40%以上の低減に向けて、データセンター向け空調自動制御システム「SmartDASH」の開発元である、米国ベンチャー企業のVigilent社(本社:米国カリフォルニア州)へ出資したと発表した。SmartDASHの海外販売では、今後3カ年で、国内外合わせて60億円以上の売上を見込む。

同社は、このたび、Vigilent社の転換社債(Convertible notes)を購入する形で出資を行った。本出資は、データセンター向けサービスの一層の向上及びSmartDASHの海外販売の強化を目的としている。

SmartDASHは、世界初の自己学習機能と、温度環境の見える化機能を有するデータセンター向け空調制御システム。本システムでは、室内のワイヤレス温度センサモジュールと空調機を関連付け、各センサ計測値の変動に合わせて対象空調機を選定し自動制御することで、最適な空調環境と省エネを実現する。空調気流を制御する製品「アイルキャッピング」や冷却効果を高める「ブランクパネル」等の気流改善ソリューションおよび高効率空調機との組み合わせで、データセンター空調エネルギー消費量を大幅に削減可能なシステムである。実サイトにて約40%の削減効果を確認している。

同社は既にVigilent社との間で独占販売権を含む販売代理店契約を締結しているが、両社は、本出資を通じて、空調自動制御システムの更なる機能強化、サービスの向上や省エネ商品のライン拡充、アジア各国での販売の一層の推進強化を図っていく。また、今後も環境に配慮した有望な先端技術の開拓を進め、事業投資・開発を通じた新規事業の創出に注力していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.